てんせいじんごっこ.blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽規格のライトウェイトスポーツカーに対する提言 Part2

Honda_S_800.jpg

 東京モーターショー2013に展示される新型ビートことS660は、MRレイアウトの2人乗りオープンスポーツというスタイル。その車両重量は900kg程度と噂されるが、コペンのアクティブトップが840kgなのを考えると、それ相応の車重と言えるだろう。しかし、その数値はライトウェイトスポーツカーと呼ぶには似つかわしくない。軽自動車のライトウェイトスポーツカーならば、500~600kg程度の車重に収めたいものである。

 国産のライトウェイトスポーツカーを語る上で欠かせないのが、上の写真にある名車HONDA S600/800である。S800の寸法は全長3335mm全幅1400mmと、現行の軽自動車枠に収まってしまうサイズ。車高は1215mmしかなく、車重は755kgと軽量だ。AS800E型直4DOHCのエンジンは、最高出力70PS/8000rpm 最大トルク6.7kgm/6000rpmという数値で、トルクに関しては軽のターボ車に軍配が挙がる。いずれにせよ、この車が今から約45年前に作られた国産車なのだから素晴らしい。この車を現代の技術で復活させて欲しいと願う者は僕だけでなく、S800に憧れた団塊世代を含めたシニア層が世界中に居るだろう。日本人が求める軽自動車の需要に限定しなければ、S800クーペのようなスタイルのライトウェイトスポーツカーのマーケットは必ずあると思うのだが、なかなか実現しないのが不思議である。

s800_coupe.jpg

 僕が軽自動車規格のライトウェイトスポーツカーは、オープントップではなく3ドアのハッチバックにするべきだと拘る理由には、このキュートなシューティングブレークスタイルのクーペボディがあるからだ。ホンダのビートやS660コンセプトのようなエンジンを後ろに積んだ2シーターでは、旅行カバンやゴルフバッグも積めないばかりか、シートを倒してリクライニングすることも出来ない。最新のテクノロジーを詰め込んだ新型車には、ホンダが技術力の高さをアピールしようとする傲慢さが漂い、消費者に豊かなライフスタイルを提供しようとする発想が足りないのではないだろうか? 僕はレトロスタイルのスポーツカーを作れと言っているのではありません。古い車から学ぶべきことが沢山あるのではないかと思うのです。

 例えば、3気筒エンジンを上手くパッケージングすれば、狭いながらも2+2の居住空間を確保出来るだろう。当然、後部座席には子供ぐらいしか乗れないが、それで十分だと思う。小さな後部座席に専用のチャイルドシートを付けて、少しだけスライドさせるか傾ければ、リアのハッチから楽に赤ちゃんを乗り降りさせることも出来るだろう。シートを2分割すれば横にベビーカーを載せることも可能だし、リアシートを全部倒せばスーパーの買い出しだって楽勝だ。ルーフがあればサーフボードやロードバイクを積むことも出来る。3ドアハッチバックのクーペスタイルでも、これだけの実用性を盛り込めるのだ。トラクション性能さえ良ければ、僕はこの車がFFでも構わないと思う。そうすることで、設計の自由度は大きく広がるだろう。可愛い女の子をドライブに誘って口説きたいのであれば、走る以外には何も出来ないS660のようなオープン2シーターよりも、スタイリッシュで実用的なS800クーペのようなライトウェイトスポーツカーの方が断然有利なのは言うまでもない。軽快な走りで気持良くなるだけでなく、快適な居住空間で気持良くなった彼女が、更に気持ち良いことをしてくれるかもしれないのだ。どっちの車を選びますか? 答えはもう決まっていますよね。

s600_re.jpg

 S800クーペのような軽自動車枠のライトウェイトスポーツカーを現代の水準に合わせて作ろうとすれば、エアコンやパワーステアリングといった快適装備の他に、エアバッグやABSのような安全装置も必要だ。スポーツ走行をするのであれば、軽自動車に課せられた衝突安全基準以上の強度も必要だろう。そうすることで車重はどんどん増えて行く。そんな問題を解決したいのであれば、車のシャシーを鉄ではなく、アルミや炭素繊維で作るしかない。昨年、フェラーリはF1マシンで使われるカーボンモノコックを次世代の車両に採用すると発表したが、その製造コストは量産車に使えるレベルではない。しかし、そのコストを飛躍的に下げる技術が日本にはあるのだ。

teijin_tvcm.jpg

 テイジンのCMで、ちょっと生意気な女の子が出て来る「クルマジャーントパンダ」というのを見たことがあるだろう。へんてこりんなクルマが出来上がるあのCMに、実は物凄い技術が隠されているのである。

teijin_cfrp.jpg

 その技術の正体は、テイジンが開発した熱可塑性炭素繊維複合材料(CFRP)といって、鉄の約4分の1の軽さと10倍の強度を持つ炭素繊維をベースにした複合プラスチックのこと。これを使えば、車の骨格を5分の1の軽さに出来るのだ。つまり、250kgのフレームを50kg以下に、一挙に200kgの軽量化を実現出来るのである。テイジンは、熱を加えて形成するのではなく、熱したものを冷やして形成する逆転の発想により、この素材を量産車の製造ラインに組み込むことを実現させた。しかし、現段階では一部のスポーツカーや高級車にしか採用出来ず、更なるコスト削減が必要とされている。この素材の製造コストさえ下げることが出来れば、バンパー・ボディパネル・ドアなど、あらゆる部品を強く軽くさせることが出来る。車両の重量はどんどん軽くなり、走る・曲がる・止まるといった車に求められる性能を向上させることが可能なのだ。このCFRPがあれば、S800クーペのようなスタイルの軽自動車に、ライトウェイトスポーツカーの代名詞とも呼べるFRPモノコックフレームのロータス・エリートを超える走破性を持たせることも可能だろう。快適装備や安全装置を省いたソリッドでコンペティショナルな車に仕上げた場合、その車両重量は驚異的な軽さになるだろう。熱可塑性炭素繊維複合材や衝撃を吸収する新素材を車造りに利用すれば、安全で快適なスポーツ走行を楽しめるのだ。

 僕が夢見る近未来のライトウェイトスポーツカーは、すぐそこにまで迫って来ている。来年ホンダが発売するS660コンセプトなんて、僕にとっては全く魅力的な車でないことが分かっていただけたであろうか? あんな車は、最新のライトウェイトスポーツカーなんかじゃないんですよ。S800やバラードスポーツCR-Xを作ったホンダなら、僕が何を言っているのか分かるはずなんです。

s660_small.jpg
スポンサーサイト

軽規格のライトウェイトスポーツカーに対する提言 Part1

 ホンダ出したS660コンセプトの発表に合わせて、以前書いた軽自動車のライトウェイトスポーツカーを作れ! Part 2に引き続き、軽自動車規格のライトウェイトスポーツカーについてグダグダと屁理屈を並べて行こうと思います。使えるピュアスポーツカーを求める方は、どうぞお付き合い下さい。予め言っておきますが、基本的には酷評です。

s660.jpg

 東京モーターショー2013に先駆けて発表した新型ビート「S660コンセプト」がお披露目となった。来年には、これに近いスタイルで発売に至ると思われるが、その価格は250万前後、車両重量は900kg程度と噂されている。僕としては200万以下で800kg程度の車重であれば合格圏内だが、前評判は上々のようだ。エンジンは後方に置かれたMRレイアウト。ルーフはコペンのように後部からスライドアップする構造らしい。

s660_int.jpg

 コックピットと呼ぶのに相応しい運転席を見ると、短いシフトノブにペダルが2つ。ステアリングの左右にはパドルシフトが装備されている辺り、この車のパワートレーンはCVTが採用されているようだ。ホンダは「若い世代だけではなく、子育てを終えた夫婦の2台目の車としての利用も想定している」と言っているそうだが、この車はどのくらい売れるだろうか? 排気量を1000ccにしてヨーロッパに送り込めばそこそこ売れるだろうが、取り敢えず僕はこれじゃない感でいっぱいだ。僕にとってこの車は、ライトウェイトスポーツカーでは無い。このテクノロジー満載感が、いけ好かないのである。

 子育てを終えた夫婦に乗って欲しいとのことですが、経済的な余裕のある人ならば、マジンガーZからガンダム1st観て育った世代の人でも買うでしょう。受験勉強に勤しんで、若い頃にあまり遊ばなかったお医者さんとか部長さんが、電気仕掛けのオモチャに乗って排気ガスと紫外線浴びてその気になってりゃいいと思います。そもそも、オープントップで快適に走れる環境が日本にはどれだけあるのでしょう? 地方都市なら分かりますが、都心で、しかも都内でこれに乗るのなら、中古のボクスターにした方が良さそうです。スポーツカーやオープンカーに乗りたい人の中には、注目を浴びたい欲求を抱いている人がおります。そんなタイプの人がサングラスしながらこの車に乗って風を切り、その気になって都市を疾走してたのなら、厚顔無恥もいいとこでしょう。この車には、背伸びしたお金持ちの女子大生とかOLがお似合いです。大人の男が乗ってはいけません。

 「大人の男が乗る車」とかホモい言い方をしますが、僕はホモではありません。ホモはジープにでも乗ってりゃいいと思います。白いTシャツの袖を肩まで捲って、赤いバンダナにレイバンのサングラスして、すれ違うジープに向かってインディアンの酋長のように片手を挙げて挨拶してりゃいいと思います。僕には関係ありません。僕はホモいジープや幼稚な電気仕掛けの似非ライトウェイトよりも、ピュアな本格ライトウェイトスポーツと女の子が好きなんです。例えばこんな車。

caterham-seven-165-cut.jpg

 この娘の名前は、フレイザーFC4ではありません。この車は、ケータハムのSeven160/165です。毎度おなじみのフレームにスズキのツインカムターボK6Aをリミッター解除して積んだような車です。馬力とトルクは 81ps/7000rpm 10.9kgm/3400rpmという数値。0-100km/hは6.5秒程度で最高速度が約160km/hというのは、そこでリミッターが掛かるのだろう。気になる車両重量は490kgで、トランスミッションは5速マニュアル。峠なら3速入れっぱなしで十分かもしれません。本国イギリスなら自分で組み立てれば240万で乗れます。日本仕様で輸入するなら320万程度ってとこでしょうか。本国からパーツを取り寄せたりROMチューンすれば、簡単に本国仕様の馬力に戻せるでしょうし、軽く100馬力程度までチューニング出来るでしょう。なんでまたこんなエンジンを積んだスーパー7を出したのかと言えば税金とかが関係しているんでしょうけど、燃費や排ガス規制の面でも有利ですし、物好きなアメリカ人も買うでしょうしね。色々と面白い車ではあります。

 それにしても、この使い古された技術の車に240万以上とはボッタクリです。沢山売れればの話ですが、こんな簡単な構造の車を日本の企業が量産したら150万以下でも利益出せるでしょうね。さて、貴方はこの車とS660のどちらが欲しいですか? 僕はどちらも欲しくありません。と言うか、買えません。それ以前に、どちらの車両も実用性に乏し過ぎるのです。極端な言い方をすれば、維持費を気にして軽自動車のオープンカーに乗るなら、1000ccのバイクに乗った方が遥かに速く爽快に走れます。加速も最高速も、死ぬほど速く飛ばせます。死ぬほどね。裏を返せば、軽のオープンスポーツカーに、死ぬほどの速さなんか誰も求めていないと思うのです。軽のライトウェイトスポーツカーでサーキットを疾走したい人なんてごく僅かです。殆どの人は休日にドライブしたり、温泉とかゴルフしに行きたい訳でしょ? 旅行先で写真撮ったりゴルフしたり温泉旅館に一泊するなら、荷物が積めなきゃ駄目なんです。僕の場合はサーフィンしに行きたいので、ルーフにサーフボードを載せたいんです。屋根の無い車は嫌なんです。霧雨のロンドンならいいでしょう。しかし、亜熱帯の東京は雨がジャバジャバ降るんです。喧しいトラックの騒音や排気ガスの直撃は食らいたくありません。オープンカーで注目なんて浴びたくないんです。サンルーフでもあれば十分です。かの三本和彦大先生も言ってました。三角窓が無い代わりにサンルーフを少し開ければ、喧しいファンの音を聞かずとも換気が出来ると。それでいいんです。

 軽自動車規格のライトウェイトスポーツカーはオープントップじゃなきゃいけないなんて固定観念は、さっさと捨てて欲しいのですが、頭の硬い団塊世代の相談役やら上層部がゴタクを並べるのか部下が上司に媚びてるのかは知りませんけど、なんで3ドアハッチバックのクーペボディを作らないんでしょう? 軽のライトウェイトスポーツカーなら、実用性を兼ね備えた方が商品としての価値も可能性も高いと思うのです。実用性を備えることでスポーツ性が損なわれるなんて言い訳はさせません。技術を売り物にする日本企業ならば、車を劇的に軽くするテクノロジーが有るじゃないですか。そんな訳で、次回はその軽量化と実用性に富んだ軽規格のライトウェイトスポーツカーについて語りたいと思います。

Honda_S_800_small.jpg

Nikon FE/FM Digital 発売? 非AIレンズでも開放で測光できる!?

Nikon-FM-FE-digital-cam.jpg

ニコンがレトロデザインのFX機を準備中? oct / 21 / 2013
http://digicame-info.com/2013/10/fx-2.html

- ニコンFM2 のようなデザイン
- 1620万画素フルサイズセンサー(D4と同じ?)
- SDメモリーカード
- 2016ピクセルRGBセンサー
- 9分割フレーミンググリッド表示
- 3Dカラーマトリクス測光 II
- ネイティブなISO範囲は100-12800 (ISO50とISO108200)
- 連写は5.5コマ/秒で100枚まで
- 3.2インチ液晶モニタ
- バッテリーはEN-EL14
- 大きさは143.5 x 110 x 66.5mm
- 重さは765グラム
- AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gと共に登場する(この新しいレンズが何のマウントを採用しているのか定かではない)

[追記]

- スタンダードなFマウント
- ペンタプリズームビューファインダー(ミラーレスではないことを意味している)
- 非AIレンズでも開放で測光できる
- ボディに合うデザインのNIKKOR 50mm f/1.8G のスペシャルエディション
- 物理的なコントローラーと素晴らしいボディの造り
- EXPEED3プロセッサ
- D4と同じセンサー
- ニコンはハイブリッドカメラと呼んでいるが、何を意味するのかは分からない
- 発表は今後1-3週間に行われる可能性が高い



My dreams will come true

 先日発表されたソニーα7シリーズに続く大きなニュースが飛び込んで来た。糠喜びはいけないが、僕が長いこと待ち焦がれたフルサイズのデジタルカメラが、遂にニコンから発売されるようだ。上記の記事にあるように、このカメラは非AIレンズでも開放で測光できるらしい。ハイブリッドカメラという意味が何を指すのか不明だが、僕はこの言葉を「アナログ+デジタル」だと感じている。それは、フィルムとデジタルの両方で撮影出来るという意味ではなく、ニコンFM/FEに代表される「絞りリングやシャッタースピードダイヤルを操作しながら直感的に写真撮影が出来るマニュアルライクなデジタルカメラ」と云う意味だと予想する。そうであって欲しい。そうでなければ意味が無いとまで断言したい。

 今から約2年半前、僕が書いたNikon FE Digital が欲しい!(Part1) Nikon FE Digital が欲しい!(Part2)にもあるように、銀塩カメラで写真撮影を覚えた者にとって、過剰装備なデジタルカメラの操作は快適な撮影とは呼べない状態にあった。例えるなら、マウスひとつで直感的に操作出来るGUIの時代にコマンドを打ち込んでいるような煩わしさがあったのだ。視認性の良いファインダーでレバーを押しながら被写界深度を確認し、狙った位置にピントを合わせればシャッターを切るだけのシンプルニコン。あのニコンFEの快適さに、APS-CサイズのDXフォーマット機は届いていなかった。暗く小さくピントの山を掴み難いファインダーと、CPUを搭載していないマニュアルフォーカスレンズには露出計が連動しない普及機。画質の向上に対して、撮影の快適さは退行していたニコンのデジタル一眼レフカメラに失望して来たユーザーは多いはずだ。大きく重たく高価なフラッグシップモデルなど必要無い。軽く小さくシンプルなニコンのフルサイズ一眼を待ち望んでいた我々にとって、このカメラは救世主となるのだろうか?

非AIレンズでも開放で測光できる?

 非AIレンズでも開放で測光できるというソースは非常に興味深い。恐らくこの内容こそが、このカメラのコンセプトを決定付ける目安になるだろう。それは、他のメーカーがレトロデザインのカメラでユーザーの気を引こうとしたミーハー的な発想ではなく、長年ニコンを愛用して来たユーザーの要望に対してメーカー側が応えたことを意味する。ニコンはずっとFマウントを継承しながらも、オールドニッコールは使用出来ない(上位機種でなければ露出計が連動せず、非AIレンズは装着すら出来ない)と云う矛盾を続けていた。メーカーからすれば新しいレンズを買ってくれなければ売上が伸びないので仕方ないにせよ、ニッコールの描写に拘って来たニコ爺達を見捨てるような姿勢は裏切りに近いものがあった。

 ニッコールに限らず、古いレンズを所有する者にとって、マウントアダプターを介してAE撮影が出来るソニーのNEXシリーズは素晴らしいカメラだった。NEX6に至ってはメーカー自らがそのような楽しみ方を提唱するまでになり、多くのユーザーがソニーに流れて行った経緯は、どのメーカーにとっても痛手であろう。α7シリーズの発表を追うように流れた今回のリークは、ソニーの躍進に待ったを掛けた形になる。そして、もうひとつ気になる点は、このカメラを「ハイブリッドカメラ」とニコンが呼んでいるところ。これには僕が予想する以上の仕掛けがあるのかもしれない。

気になる動画撮影機能

 デジタル一眼のフルHD動画撮影機能に於いて、ニコンは後発組の立場にある。それは、僕が投資家だったら株主総会で発狂するほどの馬鹿さ加減だった。キャノンやソニーに対して、ビデオカメラを製造して来なかったニコンならではの失態であるが、それはメーカーが市場の流れを把握していなかったことを裏付ける。オールドニッコールを所有するユーザーはNEXに流れ、1インチセンサーのサイバーショットDSC-RX100が人気を集める陰でNikon 1の市場価格は暴落を続けた。これらは、老舗の名に甘んじたニコンの失態としか言いようがない。大手家電メーカと光学機器メーカーの力の差は、あまりにも大きかったのだ。

 少し話が逸れてしまったので本題に移ろう。このカメラで動画撮影をした場合、ミラーとペンタプリズムを用いた光学式ファインダーは、どうなるのだろうか? もしかすると、そこにも「ハイブリッド」の意味が込められているのかもしれない。動画撮影時にミラーアップさせてしまうと、光学式ファインダーは機能しなくなってしまう。しかし、ミラーの中、もしくは、ペンタプリズムの何処かにEVFを仕込んでいれば、フジのハイブリッドビューファインダーのような機能が盛り込める。だが、そのような凝った造りで部品点数を増やすよりも、最初からEVFのみにした方がコストの削減にもなるし、故障する要因を減らせるだろう。ニコンがペンタプリズムを用いた光学式ファインダーに拘るのならば、このカメラは銀塩カメラでの写真撮影のダイレクト感を重んじたのかもしれない。本格的な動画撮影を求めるなら、他のモデルを選べば良いとの姿勢だろう。さて、ニコンはこのカメラにどのような名を与えるのであろう。僕ならば、Nikon FEDとかがお似合いだと思うのだが、早くその姿を拝見したいものである。そして、気になるその価格は? ソニーα7シリーズがキットレンズ込で20万を切っていることを考慮すると、それと同等か、それ以下の価格設定でなければ戦えない。取り敢えず、このカメラのスペックとスタイルに期待しよう。そして、このカメラがオールドニッコールへ完全に対応することを強く願う。


【追記】
ニコンのレトロ調フルサイズカメラには動画機能は搭載されない?
http://digicame-info.com/2013/10/post-523.html

 このカメラには動画撮影機能は搭載されず、静止画撮影に特化したものになるとの情報が出て来ました。僕としては非常に残念ですが、それが吉と出るか凶と出るかはお楽しみ。しかし、このカメラが特殊なカメラと位置付けられるのは避けられないでしょう。それをプレミアムと感じるか無用の長物とするかはユーザー次第。動画撮影機能非搭載には賛否両論出ると思いますが、コアなユーザーにウケる以外は大ヒットする商品では無さそうです。いずれにせよ、その全貌が明らかになるのは、あと1~2週間の内でしょう。

【追記】その2
ニコンが新型フルサイズ機「DF(またはDf)」を11月5日に発表?
http://digicame-info.com/2013/10/dfdf115.html

 ニコンが出す新型フルサイズ機の名称はDF(またはDf)と呼ぶらしいです。このカメラは非Aiレンズに完全に対応し、Nikon FM、FE、EL2、F3、F4、Nikomat FT3 のように、非Ai レンズを取り付けるために、Ai連動レバーを倒すことが出来るそうです。また、動画撮影機能は一応搭載されるようですが、光学ファインダーなど一部の機能が限定されるようです。

【追記】その3
ティーザーによって徐々にその全貌が明らかになって来たNikon DFだが、どうやらコイツはズッシリと重く、気軽にパチパチ撮るのではなく、じっくりと写真を撮るためのカメラという位置付けだろう。気になるのは非Aiレンズへの対応。シングルコートなどの旧ニッコールには、ニコンが蓄積して来たカラーバランスのデータに基づく補正機能などが搭載されていると面白そうだ。

 また、「非Aiレンズでも開放測光出来る」という意味は、実絞り測光のセミオートだろう。一眼レフでf値を決定する最大の要素は被写界深度だ。つまり、プレビューボタンを押しながら絞りを決定すると同時にカメラが実絞り測光し、プレビューボタンを放した時点で適正値を判断。後は光量の変化に応じてシャッタースピードとISO感度を調節する「絞り優先プログラムセミオート」で撮影出来るのだと僕は思う。

Nikon DF t
  http://www.youtube.com/watch?v=W1yCI-Yl550

【追記】その4 Df | ニコンイメージング http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/df/

なんか、僕が考えてたカメラとチョット違うな・・・。デカいし、重いし、チョット変な感じ・・・。僕が欲しいのは、これじゃない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。