てんせいじんごっこ.blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

150cc 200cc 250cc 中型スーパーカブが欲しい

高速道路も走行出来る中型のスーパーカブって、なんで無いんだろう?honda super cub 200

 スクーターじゃ物足りない。かと言って、クラッチ付きのスポーツバイクって程でもない。近所のスーパーへ買い出しに行ったり、日帰りのショートツーリングにも使える。カジュアルに乗りこなせて荷物を沢山積んでも様になる。耐久性が高くメンテナンスも楽で燃費もいい。そんな軽2輪のカブが欲しいと思う。

 例えば、神奈川県の湘南に暮らしていて、ルアーやフライフィッシングが趣味だとしよう。目的地の地磯や渓流に行くまでは車の方が楽だが、現地に到着してからの機動力は圧倒的にバイクの方が高い。伊豆や箱根に丹沢とか、少し足を伸ばして河口湖や山中湖にも行ってみたい。そんな時、125ccの原付二種では、西湘バイパスや真鶴ブルーラインの他に、芦ノ湖周辺のターンパイクやスカイラインは、自動車専用道路なので利用出来ない。こんな時に、車検がいらない中型バイクの軽2輪が欲しくなる。

 僕が考える中型カブ的カテゴリーのバイクは、過去になかった訳ではない。例えば、ホンダのフリーウェイ250・ヤマハのAG200・スズキのSW-1みたいなタイプ。フリーウェイはコンパクトでパワフルな250ccスクーターとして是非復活して欲しいモデルだが、悪路での走破性には期待出来ないし、コケたらカウルが割れてしまう。これはSW-1も同じ。AG200は大型キャリア付の実用的なオフローダーだが、カブと呼べるスタイルではないし、原付二種の代わりとして乗るのには大き過ぎる。

bikes.jpg

っとまぁ、グダグダと不平を垂れながらスペースを埋めようとしている訳ですが、単刀直入に申し上げれば、要はCT110をストロークアップしたCT150なんてのを出して欲しいんですよ。

honda ct110

 バックボーンにタンクを載せたタイプのバイクは、延髄蹴りの様に脚を後ろに廻してバイクに跨るが、後部に大きな荷物を積んでしまうと、器用に膝を曲げて乗り込まなければいけなくなる。しかし、CT110はリアキャリアに大きな箱を積んでも楽に乗降出来るのが最大の特徴だ。モトクロスやトライアルの様なタイプに比べれば悪路での走破性は劣るが、荷物を沢山積んだ状態ではCT110の方が圧倒的に有利な場合がある。林道などを走る場合、別に競技をしている訳ではないので、両足をベタベタと地に付けても減点される事などない。例えば、バイクがぬかるみに嵌ってしまった時などは、クラッチレバーのないCT110なら片手でバイクを支えながら脱出出来る。前輪が砂地に埋もれてしまっても両足で支える事が出来るし、瞬時に側面へ飛び降りて転倒を回避出来たりもする。足つき性の良いこのバイクは、そんな状況から抜け出すのが容易なのだ。CT110にはそういった実用性に富んだ特徴があるので、オーストラリアやニュージーランドのド田舎で羊を追いかけたり郵便配達に使われて来た訳だ。

 でもって、いつの間にやらホンダがCT110の新型を出していた。その名も、クロスカブ CC110

honda cc110

 うぅ~ん・・・、カッコ悪い。これは乗りたくない。ホンダはカブも四角くしちゃうし、どーゆーセンスしてんだろ。フロントのウィンカーとテールのデザインとか一致してないし、嫌だな、こーゆーの。でも、タイヤとか太くなってるし、インジェクションだから調子は良さそうだ。でも、中華のパクリバイクが出たら、そっちに惹かれるかな。問題は品質だけど、そこさえクリアしちゃえば売れるだろうな。しかも、中華エンジンにはCT110にそのまま載る140ccエンジンがあるらしいから、作っちゃおうかな、CT140!!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。