てんせいじんごっこ.blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のマリファナマーチが逆効果な件について

 2014年5月25日、今年も渋谷でマリファナマーチが開催された。今回は主に白濱隆君が先頭に立ち、大麻に関する負のイメージを拭い去ろうと声高らかに街頭を行進したが、ラスタカラーにサウンドシステムといったスタイルは相変わらず、大麻に対して懐疑的な人達を説得出来る状態には至れなかったと感じる。

marijuana_march_japan_2013.jpg

 前回のマリファナマーチまでは「ブンチャカビヨヨョ~ン」と鳴り響くDUB系のサウンドに合わせ、怒号に近い声で大麻解放を訴えるやり方が不快に感じられたのだが、今回は幾らか改善された様に見える。けれども、相も変わらず身窄らしい恰好の輩がダラダラヘラヘラと行進する様は、偏見を持つ人々に対しては異様に映っただろう。爽やかな5月の空の下、医療大麻・産業大麻の有益性を多くの人に知って貰う為には、ルイ・アームストロングの"What a Wonderful World"を流した方が効果的だと思う。

 大麻が医療の分野に於いて、抗がん剤による苦痛を和らげたり、脳性麻痺の子供を救ったり、うつ病による自殺者を減らし、リウマチに苦しむオバチャンを助ける事が出来たりと様々な病状での薬効が確認されているのは言うまでも無い。産業大麻に於いては、軽油やプラスチックの代替品としてだけでなく、森林伐採による環境破壊を防げるなど良い事尽くめである。人類にとってこれ程までに有益な大麻を、アメリカに押し付けられた古びた大麻取締法で規制し続けるのは理不尽ってもんだ。しかも、そのアメリカ自体が大きく変わろうとしているのであれば、日本国政府も考え直す必要がある。
参考資料:医療大麻 Wikipedia

 だがしかし、「ダメ。ゼッタイ。」の薬物乱用防止キャンペーンによって刷り込まれた大麻に関する負のイメージは、覚醒剤などの危険なドラッグと同様に「一度手を出してしまったら二度と社会復帰出来ない」といった印象を煽り立て、必要以上の猜疑心を産んでいる。この状態こそが、聞く耳を持たない者を正義に位置づけ、異議を唱える者を糾弾する構造を作ってしまっている。芸能人が大麻で逮捕されれば週刊誌やワイドショーが大喜びで騒ぎ出し、正確な知識の無い人達が過剰反応してしまう。酒を飲み過ぎた草彅君が公園で全裸になってしまった時の過剰報道は、日本人の精神が異常とも思える醜態だった筈だ。彼は薬物など全く摂取していなかったにも拘わらず、芸能人を叩きたいと云う精神が、高い処に居る人物が地に堕ちる姿を見たいと云う侮蔑が現実を上回ってしまった。地動説を唱えたガリレオの受難は、この現代にも存続している。今となっては大麻を危険薬物と認定し、それに対する異議を頑として受け入れない社会そのものが害悪だとも言えるだろう。薬物に手を染めてしまった人を社会から追放しようとする構造にも問題はあるが、大麻に関する偏見を変えようとしない日本人は、いづれ世界の常識から取り残されるのは火を見るよりも明らかだろう。
参考資料:公益財団法人 麻薬・覚醒剤乱用防止センター 薬物解説

 さて、青く澄んだダメゼッタイ君が流布したプロパガンダに対抗する為には、どの様な方策が有効だろうか。民族精神学博士である中山康直氏の主張は、常人には理解し難い次元にまで飛んで行ってしまうし、窪塚洋介君は実際に飛んでしまったし、大麻草検証委員会代表の森山繁成氏の論調は時として攻撃的過ぎる。大麻報道センター主宰者の白坂和彦氏も迫害を受けている。武田邦彦教授は異端と位置づけられてしまっている。困ったな。国会では、やっとこさ鷲尾英一郎議員が大麻に関する認識と法整備を訴えたが、彼は民主党である。利益と利権に目覚めない限り、与党と役人の心を動かす事は難しそうだ。

 日本では皇室や神道など、歴史的・文化的・宗教的な意味に於いて大麻が密接な関係にあったのは広く知られている。と言うよりも、戦前の日本を知る年寄りからすれば、それらは常識である。赤子の産着には麻が用いられ、すくすくと真っ直ぐ成長するよう願いを込めた。種子は食用や漢方薬として使われ、麻の葉はお浸しにして食されていた。しかし、喫煙の習慣は「木こりの一服」や「護摩炊き」と云った特殊な例しか伝えられていない。つまり、嗜好品としての大麻喫煙と日本の伝統文化を直結させるのは少々無理があると思うのだが、マリファナマーチに参加している人々の中には、日本人としてのアイデンティティーや大麻に関する正当性に於いて、それらを盾にしようとする人がいる。僕としては、そこに矛盾を感じてしまう。

marijuana_march_japan_2014.jpg

 例えば、この様な出で立ちの医師が医療大麻を推奨しても、それはコントでしか成立しない。ラスタカラーにドレッドヘアで産業大麻をプレゼンしても、頭の固いビジネスマンの同意は得られないだろう。ましてや、ラスタファリズムは僕達には全く関係無い異国の思想だ。これが彼等のライフスタイルだとしても、自己主張と社会活動は別問題である。自分の意見を主張する事と、相手の理解を得る方法は同義では無い。彼等は、そこを分かっていないと思うのだ。これでは正に「御笑い種」である。

 当然、彼等がイイ奴なのは容易に想像出来る。しかし、日本の大麻取締法を本気で変えたいと願うなら、海外で行われているマリファナマーチを模倣するのでは無く、日本独自のスタイルで活動してみてはどうだろうか。所詮人は外見でしか他人を判断出来ない。ならば、パリッとしたスーツに身を包み、胸を張って凛とした姿勢で歩いてみたらどうだろう。そうすれば、色んな事が変わって来る筈だ。革命を起こす為にボブ・マーレィの真似をしても無駄な事。今のままのスタイルでマリファナマーチを続けても、日本では逆効果だと僕は思う。欧米と日本では、文化的な背景も生活習慣も全く違うのだから。

 恐らくこの先、日本に滞在している外国人が日本国内で医療大麻を処方出来ないのは人権侵害だと問題提起したり、大麻産業が確立したアメリカからの外圧が掛かれば、日本の大麻取締法なんて、いとも簡単に覆されるであろう。日本の政治なんて、その程度である。その時になって「我々の活動が実を結んだ」なんて勘違いは起こさないで欲しい。今迄通りのやり方では、何万人もの参加者を集めるのは到底無理な話だ。「道化師のパレードなんか見たくない!」と、敢えて辛辣に批判させてくれ。何度でも言う。日本のマリファナマーチは逆効果だ。
スポンサーサイト

FC2ブログにコメント書くとIPアドレス丸見えですよ

FC2ブログのコメント欄に書き込むと、管理者からはリモートホストやIPアドレスがバレバレって話。

 先日、ブログの管理画面を開いたら、ちょっと気になるコメントが寄せられていた。なにせ、ただでさえアクセス数が少ない当ブログ。アフェリエイトで稼いでいるブロガーからすれば、テーマも絞らず好き勝手に書いてるダメだらけのブログなので、月間1万PVがいいところ。まぁ、広告など一切載せない方針なので関係無いのですが、たまにコメントなど寄せられると凄く目立つ訳です。僕はブログ仲間なんて作る気全くありませんし、ツイッターもフェイスブックもやりませんから、ブログにコメント書かれるのなんて凄く稀なことなんです。

 で、この「ちょっと気になるコメント」ってのが、他人であるにも拘わらず、それ以前に書かれたコメントの内容に酷似していた訳です。そこで色々調べてみたら意外な事実が判明したので、管理者から見たFC2ブログが、どの様になっているのかをご覧頂こうという次第で御座います。

 先ず、コメントが投稿されると、FC2ブログの管理画面にはこんな感じで表示されるんです。中央の赤線が問題のコメントで、その上下にあるのは僕が返答したコメントですね。

FC2 BLOG 管理ページ 新着コメント

 このコメントを読んでみたところ、これ以前に書かれたコメントの内容とか文体が似てるなって感じたので、FC2から届く新着コメントのお知らせメールを確認しました。

FC2 BLOG 新着コメント お知らせメール

 こんな感じでFC2からメールが届くんですけど、ご覧の様に投稿者のホスト名が記入された状態でメールが届く訳です。この「〇〇〇.mobile.ogk.yahoo-net.jp」ってのが、あまり見慣れないものだったので検索したら、こんなものが出て来ました。


 ー Yahoo! JAPANでは、リンク先のパソコン向けサイトを、jig.jp社の提供するプログラムにより自動的に変換し、携帯電話の画面で見やすく表示しています ー パソコン向けサイトの変換に関する制限事項


ナルホド・・・。つまり、「スマホ」ではなく「ガラケー」ってことですな。続いて、これ以前に投稿されたコメントのメールを確認すると、

FC2 BLOG 新着コメント お知らせメール-2

・・・全然違いますね。そこで、「FC2アクセス解析ツール」の出番です。

 この「FC2アクセス解析ツール」ってのが便利でしてね、何時、誰が、どのページを何回訪問したかが分かる様になっているんです。「誰が」とは言っても、それはホスト名とかIPアドレスが分かる程度なんですけどね。

 では先ず、2014年4月30日に投稿されたRumpelstiltskinさんの〇〇〇tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jpが、どんな状態なのかを見てみましょう。

FC2アクセス解析-2

 アクセス解析はこんな感じで、ブログ訪問者のデータを参照出来る様になっています。

User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.116 Safari/537.36

とありますから、この人が使用しているブラウザはGoogle Chromeだと分かります。ディスプレイの解像度からすると、使用している端末は15インチのノートPCでしょうか。OSのバージョンが不明ですが、Widows7 or 8だと思います。これ、スマホだとメーカーも判別出来ちゃうんですよ。

 次に、ホスト名のリンクをクリックすると、こんな感じで表示されます。

FC2アクセス解析-1

 都道府県が「愛知」となっていますが、ホスト名に「aichi」と書いてありますから当然ですよね。このホスト情報の下には、この人が閲覧したページ、時間、回数の詳細が記されています。

FC2アクセス解析-3

合計18回だから、1クリック1円だと18円の収入ですね。まとめサイトやエロサイトは、こうやって稼ぐ訳ですな。赤線部分がコメントの投稿された時間なのですが、これがまた、もんの凄い長文なんですよ。短時間に何回もリロードしているのは、書き込んだコメントが反映されなかったのが原因でしょう。僕のブログは、僕が認証しない限り、コメントが表示されない設定になっているからです。

 その後、この人は2日間コメントの確認に訪れるのですが、僕がこのコメントに気づいたのが5月3日の深夜(しかも、一度手違いで削除してしまい、後でお知らせメールからコピペしたものを僕が投稿した)だったので、半ば諦めていたんでしょうね。で、次が問題の「ちょっと気になるコメント」が投稿された2014年5月18日のデータです。

FC2アクセス解析-4

ビンゴ! 携帯からコメントが投稿された1分後にリロードしてますね。この人は、5月2日以来訪問せず、他のページも閲覧していないので間違いありません。携帯を利用して他人を装うとは不届き千万。自作自演する人って、ホントに居たんですね。

 さてさて、この自演した人が使った携帯の〇〇〇.mobile.ogk.yahoo-net.jpをGoogle検索すると、2014年4月16日に投稿した安城市の掲示板が出て来ます。それを参照すると、この人の所在地が「愛知県安城市篠目町及びその周辺」だと判明しますが、携帯ホスト名の番号は固定ではないので、他人である可能性もあります。しかし、これが固定されたものだとすると、この人の氏名、年齢、出身地、職業や趣味までも特定出来る情報がネットには溢れています。2ちゃんねる感覚でブログのコメント欄に誹謗中傷とか書き込むと、とんでもないことになり兼ねないので気をつけましょうね。

ワサビを小皿で溶くのはアリ? ナシ? の勘違い

【日本食のマナー】ワサビを溶くのはアリなのか?ナシなのか?

お刺身を食べる時にワサビをどのようにして使いますか? 醤油の入った小皿にワサビを入れて溶くのが基本的にマナー違反とされていることをご存じの方も多いと思います。では、なぜダメなのでしょうか??

- 記事全文は以下リンク先へ -
女子SPA http://joshi-spa.jp/85826
ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/1211

無断で写真等を転載している事に関しては御容赦願いたい


 この手の記事を見掛ける度に、ゲンナリとした気分にさせられるが、此度の記事に関してはツッコミどころ満載なので、小姑の如くイチャモンをつけることにした。元の記事は、『ぐるなび』の情報コンテンツに掲載された、マナーに関する特集記事。それが様々な媒体によって拡散されている。これを読んで、「ワサビはお醤油に溶いちゃダメなんですよぉ~」などと小娘が言おうものなら、「黙れクソガキ!」と一喝してやりたいところだが、そんなことをしたら僕の人格が問われてしまう。なので、このブログにチマチマと小言を並べることとしよう。以下、本文を引用しながら苦言を呈する次第である。

「醤油の入った小皿にワサビを入れて溶くのが基本的にマナー違反」

 本山葵ならねっ!

 例えば、それが純度100%の本山葵であれば、醤油に溶くなど言語道断である。そんなことをしたら、ほのかな甘みを伴う本山葵の風味が台無しだ。これはマナー云々以前に勿体ないとしか言い様がない。しかし、それが粉ワサビやらチューブに入った練ワサビなら話は別である。それらは西洋ワサビを主原料とした偽物であって、基本的に醤油に溶くことを前提に作られているのが大半を占めている。であるからして、ワサビを醤油に溶いてはならないと称しながら、練り上げた安物の粉ワサビをチョイチョイと刺身に乗せて食ってる奴が居たとしたなら、心の中でバカにしても構わないっすよ。

 しかし、仮に上司が接待の場でワサビを醤油に溶いてしまったら、「部長それマナー違反っすよ」などと申しては出世に響きます。逆に、飲み会の場で女子社員が醤油にワサビを溶いてしまったなら、「〇〇ちゃん、それはマナー違反なんだよ」なんて忠告すれば、後々セクハラで訴えられることになりかねません。堪えましょう。

「ワサビを溶くのがNGな理由は茶道にあり?!」

 関係ねぇよ!

 筆者は、「日本料理のマナーと茶道は切っても切れない関係」と題して記事を綴っているが、この辺りがこじつけのような気がしてならない。そもそも、この記事はマナーに関する内容であるが故に、茶道の話を切り出して説得力を持たせようと考えたのかも知れないが、これを読んだケイコさんやハナコさんが、こぴっと頑張ってしまうのが心配だ。筆者は、和食のマナーの原型が茶道に由来するものと言った趣旨で、以下のような説明を述べている。


なぜワサビを小皿に溶いてはいけないの?

なぜ茶道の世界ではワサビを小皿に溶くとマナー違反になるのでしょうか。見た目の美しさが損なわれてしまうことのほかに、理由としては全部同じ味になってしまい、色々な薬味を楽しむことが出来ないからです。ここにも茶道由来の「おもてなしの心」「お互いを尊重し合う心」があって、作り上げられた空間(お皿の中も含めて)を出来るだけ汚してはいけない、という気持ちが込められているそうです。


 いやいや、ちょっと待てって。何故そのような訳の分からんウンチクを垂れるのだ。こいつは鼻持ちならないので、僕がウンチをプリプリ垂れてやろうじゃないか。

 昨今、世界遺産に登録された日本料理であるが、この日本料理は何たるかが問われている。いわゆる「かいせきりょうり」と云うものは、2種類あるからだ。殿様が客人をもてなす料理に、本膳と云うものがある。この本膳は、食べ切れない程の量がゴッチャリと出て来るのだが、元来これは食べ切る料理ではない。この本膳を簡素化したものが『会席料理』である。筆者が語る「中には食事が登場するタイプ」の茶道の話は、禅宗の坊さんが食っていた『一汁一菜』を由来とする『一汁三菜』の茶懐石。つまり、『懐石料理』です。この「懐石」と言う名は、禅宗の坊さんが空腹感を癒す為に、温めた石を懐へ忍ばせたのが由縁だとされている。故に、正式な懐石料理は、お腹いっぱい食べる程の量は供されないのが普通である。

 さて、筆者の「ワサビを醤油に溶くのはマナー違反」とするのが、後者の茶懐石を指しているのは言うまでもないのだが、僕が何故それを「こじつけ」と否定するのかには、ちゃんとした理由がある。

 先ず第一に、筆者は「見た目の美しさが損なわれてしまうことのほかに、理由としては全部同じ味になってしまい、色々な薬味を楽しむことが出来ないからです」と述べているが、茶懐石に於いて色々な薬味で食する量の刺身など出て来る訳がない。

 そして第二に、椅子とテーブルではなく、畳の上に座して食する茶懐石ならば、平膳を用いて料理が出される訳である。そこで考えてみて欲しい。お膳と共に出された刺身を、貴方はどのようにして頂きますか? 前もって言っておきますが、醤油が入った共猪口を左手に持つのはマナー違反です。しかし、お膳の上の共猪口からでは、距離があるので醤油が垂れます。お上品ぶった御婦人であれば、左手のひらを受け皿にして食べようとするでしょうが、これもマナー違反です。当然ですが、お膳の上に身を乗り出して、口から迎えに行ってはいけません。分かりますか? つまり、お膳で食する茶懐石の料理に醤油をつけて食べる刺身を出すのは、お客様に対して不親切なんですよ。とは言え、お椀の蓋を皿代わり使うのはアリなんですけどね。

 そもそも、懐石の向付は一菜目であるからして、本格的な茶懐石であれば長い時間を要する故、刺身などの生ものを用意するのは適さない。仮に刺身を出すのであれば、漬にするか昆布絞めにした白身魚が適切だろう。お分かり頂けたであろうか。ワサビと醤油のマナーに関して茶懐石の話を引き合いに出すのが、いかに不適切な表現なのかを。

 さてさて、この記事の続きには、大変面白い料理が登場する。それがコレ↓

ババーン!
20140226212034.jpg
こんなパターンは見たことない!!

 なんすかコレ? カツオ? マグロ? ポン酢と辛子で食べんの? 旨いのかコレ……。ワサビが採れない伊豆諸島には、辛子で食べる島寿司ってのがあるのは知ってますけど、こんな料理は見たことねーよ。しかも、大葉の上に切り身がふたつ。それを奥にあるたっぷりのポン酢で頂くの? ちんけな食いもんだなおい。ぐるなびなんだからさぁ、もちっとマシな料理、準備出来んかったのかよ。

 この変な料理の写真が添えられた部分には、

「ワサビはそもそも、全部のお刺身につける必要はなく、種類によってはポン酢だけで召し上がれ、と言われる場合もありますし、辛子がついて出てくるパターンもあります」

と書いてある。  ……はい?

 いや、あのね、そーゆーことじゃなくてさ、大体ね、「種類によってはポン酢だけで召し上がれ、と言われる場合もありますし」ってのが変でしょ。そんなんだったら、もう違う料理なんだから、ワサビも醤油も関係ないじゃない。

 例えば、アジやカツオのような青魚であれば、おろし生姜や針生姜と一緒に食べるのが一般的だ。その手のものが、マグロやヒラメなどと一緒に一台の大皿に盛られていたのであれば、ワサビは醤油に溶かない方がいい。でもそれはマナー云々以前の問題で、刺し身を美味しく食べる為の常識みたいなものである。筆者は素直にそう書けば良さそうなものだが、何故この珍妙な料理を例題に用いたのだろうか。謎は深まるばかりである。

 そればかりか、この記事を転載した女子SPAに於いては、余計な写真まで載せてある。

201357139095.jpg

 ほらやった! やりやがったよ!!

 筆者が敢えて刺し身に限定しているのに、寿司を出すんじゃねーってんだよこのタコ助が。しかも、なんで寿司の横にワサビが盛ってあるんだよ。これどう見ても「ハウスの本わさび」だし。上に乗っかってるのはミツバなの? パクチーじゃないよね? もう訳分かんねーよ。そして中トロ。

 お願いですから、和食のマナーに寿司(江戸前寿司)は出さないで下さいな。握り寿司なんてもんは、屋台の前で立ち食いする日本のファストフードなんですから、ハンバーガーの食べ方にフランス料理のマナーを取り入れるようなものでしょうに。

 ともかく、「和食のマナー」なんて変な日本語を使っているから間違いが起こるのである。マナー・ルール・モラルなんて表現ではなく、礼儀・作法・道徳といった正しい日本語で考えていれば、こんなことにはならない筈だ。僕はこの「マナー」と言う言葉の響きがいけ好かない。成人式を迎えても、「ママー」「パパー」と言っている頭の悪そうな女子大生を連想させる。どうせ就活の面接官には、猫を被って「私の母は」「私の父が」と言うのでしょ。だったら最初から「お父さん」「お母さん」と呼びなさい。日本人なんだから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。