てんせいじんごっこ.blog

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 乗り物 > 自動車 > ミニカー以上軽自動車未満の新規格マイクロカーは実現するのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニカー以上軽自動車未満の新規格マイクロカーは実現するのか?

isettamess.jpg

 国土交通省が現在検討している新規格のコミューター、50ccミニカーと軽自動車の中間的存在のこの車は、定員2名・高速道路不可の街乗り専用車。つまり、爺ちゃん婆ちゃんの買い物用・ママの幼稚園送り迎え用・パパの全天候型通勤スクーター的存在になる。国土交通省はEVでこれを実現したいと考えているらしいが、燃費がリッター30km以上ならば、ガソリンエンジンもアリではないだろうか?車体を軽くして、250ccくらいのエンジンに電動アシスト自転車のようなシンプルなハイブリッドシステムを組み込めば、既存の技術で対応できそうな気がする。高速道路を走らない代わりに、衝突安全基準は現行の軽自動車よりも緩い設定になるそうなので、タケオカ自動車工芸や光岡自動車のような50ccミニカーを作っているメーカーも、開発や検査にかかる費用の負担が軽くなるので、新規参入しやすいだろう。この新規格は2012年に導入予定なので、あと2~3年もすればバブルカーやゴルフカートのようなコミューターが街中を疾走する光景が見られるかもしれない。

 この新規格自動車を普及させるキーポイントはコストだ。それは車両を生産するメーカーにもいえることだが、重要なのはユーザーにとってのコスト。つまり、車両価格と維持費が要点になるだろう。そもそも富裕層を相手にしたのではなく、手軽に使える庶民の足として考えられた規格なのだから、軽自動車よりも安くて扱いやすいものでなくては普及しない。登録に関しては車検制度を設けず、原付二種のように市役所などでナンバーが取得できるような手軽さが必要だろう。任意保険もファミリーバイク特約のような制度が適用されれば、セカンドカーとしてのセールスポイントになる。だから、この車は2人乗りのチョイ乗り専用軽自動車というよりも、2人乗りできる125ccミニカーのようなものであるべきだろう。でなければ、中古の軽自動車を買った方が安上がりなんてことになりかねない。

 EVで航続距離を稼ぐには大容量の電池が必要だが、安価な鉛電池では重量がかさみ、それを収めるスペースが必要になる。だからと言ってリチウムイオンバッテリーを搭載しようとすれば、かなり高額なものになってしまうだろう。EVが普及しない理由がこの辺りにあるのは、今も昔も変わらない。「重い・高い・遠くに行けない」の三重苦である。そもそも、自宅に駐車場がある人ならば充電の心配はないのだが、離れた場所に駐車場を借りている人は充電すらできない。これはインフラの整備以前の問題で、EVが普及しない最大の理由かもしれない。EVには、本来車が持っている「自由」が足りないのだ。

 そんなEVの弱点を一挙に解決する方法がある。理由は簡単、EVに発電機を積めばいいのだ。50ccミニカークラスのEV用モーターは、600ワット程度のものが主流。この程度の電力ならば、家庭用の小型発電機で賄える。発電機の重量は20kg以下だから、高価なバッテリーを積むより効率がいい。小型発電機の排気量は50cc~100cc程度、スーパーカブ90の実燃費はリッター50km以上だから、発電機付き電気自動車の燃費には、かなり期待できるのだ。この発電機付き電気自動車、言うなれば逆ハイブリッドカーは、現在スズキがレンジ・エクステンダーという名で研究開発しているのだが、発電機の燃費効率を上げれば現行のハイブリッドカーの燃費を大きく上回る可能性を秘めている。ホンダは以前、スーパーカブのエンジンをベースに6サイクルの低燃費エンジンを作った実績があるし、マツダはスカイアクティブという低燃費エンジンを市販化する。国土交通省が考えているコミューター規格がEV限定でなければ、小型のハイブリッド・逆ハイブリッドの開発競争が激化するだろう。なんとも楽しみな話である。どうせなら高速道路も走行可能にしてしまえば、メッサーシュミットKR200のようなスーパーコミューターが誕生することになるし、売上台数が芳しくないオートバイメーカーがこの市場に参入することになると、更に面白いことになるだろう。がんばれニッポン!
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。