てんせいじんごっこ.blog

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 文化芸能 > 大河ドラマ 聖徳太子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 聖徳太子

なんてのは、どうだろう。

主演 向井理

朝鮮というか、清国?出て来ますよね。

船で渡ったり、対馬ロケ、チェジュド。

奈良、伊勢、日本のルーツ。

倭国ってなに?

壮大なスケールというより、

屋台骨がしっかりした、立体的な構成の人間関係が、

伏線を交差しながら深まる物語が観てみたい。

史実にまつわるエピソードを盛り込んだ展開が、

回を重ねるごとに具体化していく感じがいい。

そんな大河ドラマが観たい気がする。

というのは、韓流時代劇、チャングムやトンイのような、
ワクワクする大河ドラマを作ったら、どうだろうかと。
賛否両論あるだろうが、伝説の一作になる可能性がある。
かったるい芝居は飽きる。喜劇のように、スピーディーな
展開が、斬新じゃねえか。

スピルバーグの映画のように、次の展開を予感しながら
ノリノリで一緒に突き進んじゃう大河ドラマ、聖徳太子。
俺が作ります。オファー下さい。視聴率30パーセント。

ところが、あるじゃないですか、NHK。。。
http://www.nhk-ep.com/shop/commodity_param/shc/0/cmc/05841A1
6世紀後半、日本がまだ「倭国」と呼ばれていた時代。
大和朝廷の支配者である豪族たちが権力闘争に明け暮れる中、
歩むべき国家像を模索した若者がいた。
誰もがその名と偉業を知りながら、その人間像は謎に包まれている
「聖徳太子(厩戸皇子)」の実像に、壮大なスケールで迫る。
 作:池端俊策 音楽:冨田 勲 制作統括:木田幸紀 演出:佐藤幹夫
出演:本木雅弘 /ソル・ギョング /中谷美紀 /柄本 明 /加藤雅也 /宝田 明 /松坂慶子 /緒形 拳 ほか

すんごいキャスティングですけど、おもしろいのかなぁ。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。