てんせいじんごっこ.blog

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 社会 > 鳩山元首相 出馬せず 引退

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山元首相 出馬せず 引退

鳩山元首相:党内かき回し退場へ…民主政権迷走の象徴
毎日新聞 2012年11月20日 23時53分(最終更新 11月21日 01時05分)


hatoyama.jpg

 09年の政権交代の象徴だった鳩山由紀夫元首相が、民主党政権の混迷の3年余りを象徴する形で衆院選不出馬に追い込まれた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で迷走し、わずか9カ月で退陣。国会議員を辞めると言っては撤回し、菅直人前首相の内閣不信任決議案に賛成する構えを見せたり、野田佳彦首相が政治生命を懸けた消費増税法に反対したり。民主党政権が国民の信頼を失った責任者の一人であることは間違いない。【田中成之、念佛明奈】

 自民党の石破茂幹事長は20日夜、記者団に「首相を辞めたときに議員を辞めると言っていた人が辞めただけだ。ここまで判断を先延ばしした理由が理解できない」と語った。

 鳩山氏は10年6月に退陣を表明した際、記者団に「首相の影響力を行使し過ぎてはいけない。次の総選挙に出馬しない」と明言したが、わずか半年後、地元後援会の会合で「次の衆院選でも行動をともにさせていただきたい」と撤回した。

 普天間移設問題では09年衆院選の際に「最低でも県外」と公約したが果たせず、沖縄県民の反発を招いた。同年11月に来日したオバマ米大統領に「トラスト・ミー」(私を信じてほしい)と言った後も迷走を続け、後の政権は日米関係の修復に追われた。

 自民党の菅義偉(すが・よしひで)幹事長代行は「『最低でも県外』と決めたのは、民主党そのものだ。野田首相には、鳩山さんを外交の党最高顧問に据えた責任がある」と民主党の外交失政を批判。公明党幹部は「日本外交の破綻のきっかけを作った張本人だ。国益上、辞めてよかった」と突き放した。

 退陣後は小沢一郎元代表(現「国民の生活が第一」代表)と連携し、自らが否定したはずの「首相の影響力を行使」して後継政権を揺さぶり続けた。これに対し、民主党執行部が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を踏み絵に「鳩山切り」も辞さない構えを見せたことが衆院選不出馬につながった。

 石破氏は「マニフェストに賛同できない者を公認しない方針は、政党として評価すべきだ。政策の一致した純化された集団として政界再編の一つの核になることは、それはそれで望ましいのではないか」と皮肉った。


http://mainichi.jp/select/news/20121121k0000m010072000c.html


辞めて当然

 正直申し上げて、政治の事はよく分からない。なので、政治や政治家に関しては、あまり語りたくないのだが、これだけは言える。「もう二度とこの様な人間を我々の代表にしてはいけない」と。

 我々一般庶民は、テレビ・新聞・インターネット等から国内外の政治に関する情報を得ている訳だが、事詳細に関しては、専門的な知識がある人の解説が無ければ問題の趣旨を理解する事は難しいだろう。実際、重要とされる法案に関しては大きく取り上げられるが、それ以外の細かい法案に関しては、何をどのように決めたのかすら知ることが難しい。それ程、政治というのは我々の遠くにあると言えるだろう。所詮、我々はメディアが騒いでいる話を聞きながら「やいのやいの」と言っている程度でしか無い。その結果が、数年前に民主党を第一党に押し上げてしまった失態である。

 僕は「失態」という言葉を用いて民主党に投票した人達を蔑んでいるのだが、それには理由がある。僕は『ブランド』が嫌いで、ブランド品を欲しがる女性は大嫌いなのだ。貧乏人の僻み(実際そうですよ)にしか聞こえないだろうが、そのブランド品に似つかわしい日本人なんて殆どいないのではないだろうか? 例えば、海外旅行のついでに安くブランド品のバッグを購入したが、「それは偽物だった」なんて事が以前よくあった。残念な事ではあるが、裏を返せば「本物を見極める能力が無い」という結果でしかない。今回の事に関しても同じである。財閥・お家柄といったブランドに騙され、その者の言葉にそそのかされてしまった訳だ。ブルジョア・セレブといったブランドなんかに惑わされず、自分で見つけた自分にとっての最高の一品に満足できる人が日本に沢山いるのなら、民主党は第一党に成れなかった筈だし、この人が総理大臣に成る事も無かっただろう。

 鳩山氏は今後「政界を引退し人材育成など第3の人生を歩みたい」と述べているが、余計な事はしないで頂きたい。それ以前に、国民に対しての謝罪の言葉は無いのだろうか? 是非聞かせて欲しいものである。
関連記事

Comments

post
2013-03-03 22:01 
まろすけ No.10
恐縮ですが、とんびでコメントしたついでにもうひとこと。
こちらについても同感です。
なんか方向性近いなー、と感じています。
これからも切れ味のいい記事を期待しています。
2013-03-07 22:51  Re: まろすけ さん
Stormsurfrider No.12
コメント有り難う御座います

不定期更新で好き勝手な事を書いていますが、分かって頂けると嬉しいです。
政治に関する記事(果たして記事なのだろうか?)を書くのは稀ですが、
腹に一物据えかねた時には、思いっ切り書かせて貰います。
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。