てんせいじんごっこ.blog

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト カメラ > Nikon FE/FM Digital 発売? 非AIレンズでも開放で測光できる!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon FE/FM Digital 発売? 非AIレンズでも開放で測光できる!?

Nikon-FM-FE-digital-cam.jpg

ニコンがレトロデザインのFX機を準備中? oct / 21 / 2013
http://digicame-info.com/2013/10/fx-2.html

- ニコンFM2 のようなデザイン
- 1620万画素フルサイズセンサー(D4と同じ?)
- SDメモリーカード
- 2016ピクセルRGBセンサー
- 9分割フレーミンググリッド表示
- 3Dカラーマトリクス測光 II
- ネイティブなISO範囲は100-12800 (ISO50とISO108200)
- 連写は5.5コマ/秒で100枚まで
- 3.2インチ液晶モニタ
- バッテリーはEN-EL14
- 大きさは143.5 x 110 x 66.5mm
- 重さは765グラム
- AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gと共に登場する(この新しいレンズが何のマウントを採用しているのか定かではない)

[追記]

- スタンダードなFマウント
- ペンタプリズームビューファインダー(ミラーレスではないことを意味している)
- 非AIレンズでも開放で測光できる
- ボディに合うデザインのNIKKOR 50mm f/1.8G のスペシャルエディション
- 物理的なコントローラーと素晴らしいボディの造り
- EXPEED3プロセッサ
- D4と同じセンサー
- ニコンはハイブリッドカメラと呼んでいるが、何を意味するのかは分からない
- 発表は今後1-3週間に行われる可能性が高い



My dreams will come true

 先日発表されたソニーα7シリーズに続く大きなニュースが飛び込んで来た。糠喜びはいけないが、僕が長いこと待ち焦がれたフルサイズのデジタルカメラが、遂にニコンから発売されるようだ。上記の記事にあるように、このカメラは非AIレンズでも開放で測光できるらしい。ハイブリッドカメラという意味が何を指すのか不明だが、僕はこの言葉を「アナログ+デジタル」だと感じている。それは、フィルムとデジタルの両方で撮影出来るという意味ではなく、ニコンFM/FEに代表される「絞りリングやシャッタースピードダイヤルを操作しながら直感的に写真撮影が出来るマニュアルライクなデジタルカメラ」と云う意味だと予想する。そうであって欲しい。そうでなければ意味が無いとまで断言したい。

 今から約2年半前、僕が書いたNikon FE Digital が欲しい!(Part1) Nikon FE Digital が欲しい!(Part2)にもあるように、銀塩カメラで写真撮影を覚えた者にとって、過剰装備なデジタルカメラの操作は快適な撮影とは呼べない状態にあった。例えるなら、マウスひとつで直感的に操作出来るGUIの時代にコマンドを打ち込んでいるような煩わしさがあったのだ。視認性の良いファインダーでレバーを押しながら被写界深度を確認し、狙った位置にピントを合わせればシャッターを切るだけのシンプルニコン。あのニコンFEの快適さに、APS-CサイズのDXフォーマット機は届いていなかった。暗く小さくピントの山を掴み難いファインダーと、CPUを搭載していないマニュアルフォーカスレンズには露出計が連動しない普及機。画質の向上に対して、撮影の快適さは退行していたニコンのデジタル一眼レフカメラに失望して来たユーザーは多いはずだ。大きく重たく高価なフラッグシップモデルなど必要無い。軽く小さくシンプルなニコンのフルサイズ一眼を待ち望んでいた我々にとって、このカメラは救世主となるのだろうか?

非AIレンズでも開放で測光できる?

 非AIレンズでも開放で測光できるというソースは非常に興味深い。恐らくこの内容こそが、このカメラのコンセプトを決定付ける目安になるだろう。それは、他のメーカーがレトロデザインのカメラでユーザーの気を引こうとしたミーハー的な発想ではなく、長年ニコンを愛用して来たユーザーの要望に対してメーカー側が応えたことを意味する。ニコンはずっとFマウントを継承しながらも、オールドニッコールは使用出来ない(上位機種でなければ露出計が連動せず、非AIレンズは装着すら出来ない)と云う矛盾を続けていた。メーカーからすれば新しいレンズを買ってくれなければ売上が伸びないので仕方ないにせよ、ニッコールの描写に拘って来たニコ爺達を見捨てるような姿勢は裏切りに近いものがあった。

 ニッコールに限らず、古いレンズを所有する者にとって、マウントアダプターを介してAE撮影が出来るソニーのNEXシリーズは素晴らしいカメラだった。NEX6に至ってはメーカー自らがそのような楽しみ方を提唱するまでになり、多くのユーザーがソニーに流れて行った経緯は、どのメーカーにとっても痛手であろう。α7シリーズの発表を追うように流れた今回のリークは、ソニーの躍進に待ったを掛けた形になる。そして、もうひとつ気になる点は、このカメラを「ハイブリッドカメラ」とニコンが呼んでいるところ。これには僕が予想する以上の仕掛けがあるのかもしれない。

気になる動画撮影機能

 デジタル一眼のフルHD動画撮影機能に於いて、ニコンは後発組の立場にある。それは、僕が投資家だったら株主総会で発狂するほどの馬鹿さ加減だった。キャノンやソニーに対して、ビデオカメラを製造して来なかったニコンならではの失態であるが、それはメーカーが市場の流れを把握していなかったことを裏付ける。オールドニッコールを所有するユーザーはNEXに流れ、1インチセンサーのサイバーショットDSC-RX100が人気を集める陰でNikon 1の市場価格は暴落を続けた。これらは、老舗の名に甘んじたニコンの失態としか言いようがない。大手家電メーカと光学機器メーカーの力の差は、あまりにも大きかったのだ。

 少し話が逸れてしまったので本題に移ろう。このカメラで動画撮影をした場合、ミラーとペンタプリズムを用いた光学式ファインダーは、どうなるのだろうか? もしかすると、そこにも「ハイブリッド」の意味が込められているのかもしれない。動画撮影時にミラーアップさせてしまうと、光学式ファインダーは機能しなくなってしまう。しかし、ミラーの中、もしくは、ペンタプリズムの何処かにEVFを仕込んでいれば、フジのハイブリッドビューファインダーのような機能が盛り込める。だが、そのような凝った造りで部品点数を増やすよりも、最初からEVFのみにした方がコストの削減にもなるし、故障する要因を減らせるだろう。ニコンがペンタプリズムを用いた光学式ファインダーに拘るのならば、このカメラは銀塩カメラでの写真撮影のダイレクト感を重んじたのかもしれない。本格的な動画撮影を求めるなら、他のモデルを選べば良いとの姿勢だろう。さて、ニコンはこのカメラにどのような名を与えるのであろう。僕ならば、Nikon FEDとかがお似合いだと思うのだが、早くその姿を拝見したいものである。そして、気になるその価格は? ソニーα7シリーズがキットレンズ込で20万を切っていることを考慮すると、それと同等か、それ以下の価格設定でなければ戦えない。取り敢えず、このカメラのスペックとスタイルに期待しよう。そして、このカメラがオールドニッコールへ完全に対応することを強く願う。


【追記】
ニコンのレトロ調フルサイズカメラには動画機能は搭載されない?
http://digicame-info.com/2013/10/post-523.html

 このカメラには動画撮影機能は搭載されず、静止画撮影に特化したものになるとの情報が出て来ました。僕としては非常に残念ですが、それが吉と出るか凶と出るかはお楽しみ。しかし、このカメラが特殊なカメラと位置付けられるのは避けられないでしょう。それをプレミアムと感じるか無用の長物とするかはユーザー次第。動画撮影機能非搭載には賛否両論出ると思いますが、コアなユーザーにウケる以外は大ヒットする商品では無さそうです。いずれにせよ、その全貌が明らかになるのは、あと1~2週間の内でしょう。

【追記】その2
ニコンが新型フルサイズ機「DF(またはDf)」を11月5日に発表?
http://digicame-info.com/2013/10/dfdf115.html

 ニコンが出す新型フルサイズ機の名称はDF(またはDf)と呼ぶらしいです。このカメラは非Aiレンズに完全に対応し、Nikon FM、FE、EL2、F3、F4、Nikomat FT3 のように、非Ai レンズを取り付けるために、Ai連動レバーを倒すことが出来るそうです。また、動画撮影機能は一応搭載されるようですが、光学ファインダーなど一部の機能が限定されるようです。

【追記】その3
ティーザーによって徐々にその全貌が明らかになって来たNikon DFだが、どうやらコイツはズッシリと重く、気軽にパチパチ撮るのではなく、じっくりと写真を撮るためのカメラという位置付けだろう。気になるのは非Aiレンズへの対応。シングルコートなどの旧ニッコールには、ニコンが蓄積して来たカラーバランスのデータに基づく補正機能などが搭載されていると面白そうだ。

 また、「非Aiレンズでも開放測光出来る」という意味は、実絞り測光のセミオートだろう。一眼レフでf値を決定する最大の要素は被写界深度だ。つまり、プレビューボタンを押しながら絞りを決定すると同時にカメラが実絞り測光し、プレビューボタンを放した時点で適正値を判断。後は光量の変化に応じてシャッタースピードとISO感度を調節する「絞り優先プログラムセミオート」で撮影出来るのだと僕は思う。

Nikon DF t
  http://www.youtube.com/watch?v=W1yCI-Yl550

【追記】その4 Df | ニコンイメージング http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/df/

なんか、僕が考えてたカメラとチョット違うな・・・。デカいし、重いし、チョット変な感じ・・・。僕が欲しいのは、これじゃない。
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。