てんせいじんごっこ.blog

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト パソコン > PCその他 > Windowsのセキュリティって なんなの?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsのセキュリティって なんなの?

 みんなが使っているMicrosoft社のWindows。僕も使っています。やっぱり、ドキュメント書いて渡して修正してもらって、なんてことスムースに行うには、Office必要ですもんね。世の中半分のパソコンはWindows。会社のパソコンはWindows。なんだか、Windows中心で世の中動いてたりする、かも。

 だから、セキュリティ・ウィルス対策は大事です。自分のPCが感染したウィルス拡散したら、みんなに迷惑かけます。会社だったら責任問題です。ウィルス・セキュリティ対策、大切です。常識ですよね。だけど…。

wmsr.jpg

 だけどね、Windowsにはノートンとかウィルスバスターみたいなセキュリティソフトを自分で買ってインストールしないと、安心して使えない。「Windows8からはセキュリティが強化されたから大丈夫」と言う人も居るだろうけど、セキュリティソフト入れないでWindowsそのまま使っている人なんて少ないと思います。保険みたいなもんですよね。なんの対策もしないで大事なパソコン壊れたり、個人情報盗まれたら、たまったもんじゃありません。だから、今まで通り新しいWindowsには、それに対応した新しいセキュリティソフトを入れるのが常識。でも、なんかおかしくないですか?

 世界シェアNo.1のWindows作ってるMicrosoft社なら、そんな基本的問題サッサと解決して、誰でも安心して使えるモノになってなきゃダメでしょ。詳しい人から言わせれば、Windowsは構造からして、そうしなければならないとか、世界シェアNo.1のWindowsだからこそ狙われるんだとか、色々あるんだと思います。でもね、Windowsに一番詳しいのは、Windows作ってるMicrosoftの社員な訳でしょ。なのに、社外のセキュリティソフトを入れないと完璧とは呼べない。一体いつまでこの状態が続くのでしょう。

 例えば、ウィルス対策のソフト作れる人なら、ウィルスも作れるんじゃないかと、つまり、ウィルスとウィルス対策ソフトは、自作自演の虚構なのではないかと思ったりする。Microsoft社とセキュリティソフト開発業者が、「常識」という名のマーケットを利用して商売してるんだとしたら、「俺たち騙されてんじゃねぇの?」と疑心暗鬼になる。そんな気分になる。

 フリーソフトをインストールしたら、ブラウザに変なツールバーが出て来ちゃったり、YahooやGoogleが聞いたことない検索サイトに切り替わってたり、Baidu IME入ってたり、30日間のお試し版が「買いませんか?買いませんか?」と催促して来る。Adobe Flash Playerをアップデートしたら、McAfeeが付いて来たり。誰もが一度は経験した、初心者が陥りやすいトラップ。慌ててアンインストールしたはずなのに、いつの間にか復活して来て、削除したくても深い階層に潜り込んでいて根絶出来ない。気味が悪い後味悪い経験、ありますよね。なんとかしてよ、こーゆー問題。お金払って買ってんだからさ。

 LinuxベースのUbuntuやAndroid、GoogleのChromeOSとか、取りあえずはそーゆー心配が要らない。無料なのにWindowsより安心。Windowsのセキュリティって、なんなの? バカなの? それとも、Windows使ってる、俺がバカなの? なんなんだ?
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。